カトリック教会とは

カトリック教会のはじまり

 イエス・キリストは、弟子の中から12人を選び「使徒」としました。そしてペトロに使徒の頭としての特別な使命を委ねました。使徒たちは各地で宣教し、キリストを信じる者たちの共同体、すなわち教会をつくり、自分たちの後継者を定めました。ペトロはローマに行き、教会をつくりました。このペトロの後継者がローマ司教、すなわちローマ教皇です。そして使徒たちの後継者が世界中で働いている司教なのです。

カトリック教会の伝統的な教え

 ローマ教皇は全カトリック教会に対して最高の統治権を有する、というのがカトリック教会の伝統的な教えです。現在全世界には司教が責任を有する約2500の教会(教区)があります。司教は自分の任務を助ける司祭(神父)を指名することができます。日本には16の教区があり、17人の現役の司教が働いています。

カトリック教会の修道会組織

 カトリック教会には、このように地域を単位とする組織のほか、修道会組織があります。「父と、子と、聖霊」の三位一体の神を信じることを宣言し、洗礼によって教会に属することを選んだ信者は、それぞれの生き方を選ぶことができます。結婚生活、独身生活、修道生活と、各人が選ぶ生き方は異なりますが、それはそれぞれの道を歩むように呼びかける神に、その人なりにこたえることだ、と教会は考えています。
 修道生活を送る人は、清貧・貞潔・従順の3つの誓願を立て、修道会に属して生活します。修道会は目的によって、祈りや修行に専念する「観想会」と、教育、福祉、医療、出版、宣教などの諸活動を行う「活動会」があります。また全世界で活動する会もあれば、ある国で生まれ、そこだけで活動する会もあり、多種多様です。修道会の設立はローマ教皇の許可が必要です。そして各地の司教のもとで活動します。

カトリックとプロテスタント

 カトリックとプロテスタントは、ともにキリスト教で聖書も同じです。(プロテスタントの中には、初代教会が用いた続編付聖書を採用する教派と採用しない教派があります)
 カトリックとプロテスタントの聖書の解釈とそれぞれの教えには、多少の違いがあります。世界におけるキリスト教信者の数は、カトリック約10億人、プロテスタント諸派計約5億人と言われています。
 プロテスタントは、16世紀、宗教改革の時、カトリックから分かれたもので、現在、世界中に2万ほどの教派に分かれ、日本だけでも数百の違う教派があり、それぞれの教派で教えが違います。
 カトリック教会は、教えも指導も世界中で一つになっています。最高指導者は「バチカン」 に住むローマ教皇で、現在、教皇位にあるのは、2013年に76歳で選出された教皇フランシスコです。
 最近、キリスト教の中に「再一致運動」 があり、聖書もカトリック教会と同じ新共同訳聖書を使っているプロテスタント教会が増えてきました。
 なお 「モルモン教」「エホバの証人」 「統一教会」 などは、その教えからみて、キリスト教とは言えないので、キリスト教から区別してください。

カトリック教会のミサの起源

 キリストが復活したのが日曜日だったので、初代教会では、信者たちは日曜日 を「主の日」とし、キリストが「最後の晩餐」で定めた、彼の死と復活を記念する式に集まっていました。これがカトリック教会のミサの起源です。

カトリック教会の典礼暦

 カトリック教会には、年間をとおしてキリストの生涯を記念する「典礼暦」があります。主なものは、クリスマス(降誕祭。12月25日)、イースター(復活祭。春分後の最初の満月の後の日曜日)、主の昇天(日本では復活節第7の日曜)、聖霊降臨祭(復活節第8の日曜)、キリストの聖体(聖霊降臨祭後の第2日曜)、聖母の被昇天(8月15日)、諸聖人祭(11月1日)などがあり、クリスマスの準備期間として待降節、そしてイースターの準備期間として四旬節があります。イースターはすべての祝祭日の中心をなすものです。

(カトリック中央協議会ホームページより転載)


サンピエトロ大聖堂を大きな地図で見る