はじめての方でもどうぞお気軽にお越しください

 カトリック伊勢崎教会についてご案内いたします。はじめての方でも、どうぞお気軽にお越しください。

だれでも教会に行ってもよいのですか

 どうぞ、ご遠慮なく教会へいらしてください。生きがいや神の救いを求めている人々のために、教会の門はいつも開かれています。私たちは、毎週、日曜日になると教会へ集まり、神を礼拝し、教えを聞きます。どうぞ、私たちと一緒に神に祈り、教えを聞きに来てください。


教会の中はどうなっていますか

 教会は、私たちがともに神に祈り、教えを聞く場所です。そのために、皆が一緒に集まれる広い場所となっています。入ってみると、正面に、教会の中心となる「祭壇」があります。式をつかさどる司祭は、この祭壇で皆の祈りを神にささげます。ここでささげる「ミサ」は、いちばん大切な祈りです。祭壇のわきに「朗読台」があります。それは、聖書朗読や説教をするところです。 また、祭壇に「十字架」が飾られていて、信者はそれに向かって敬意を表します。イエスがすべての人のために命をささげられたことを思い出すためです。北側の壁には「十字架の道行(みちゆき)の14場面が飾られています。キリストのご受難とご復活の黙想をするためです。キリスト信者は、ご受難とご復活のことをしばしば思い起こします。また、教会には、聖母マリアや他の「聖人のご像」が飾られています。キリストにならい、模範的に神の教えを実行した人たちを思い出すためです。もちろん、この方々は神ではありません。「洗礼」とは、キリストに従って生きようとする人のための入信式です。よく準備した上で、自分から望む方々は洗礼を受けることができます。教会の入り口には水の入っている器があり、司祭の祈りで聖別された「聖水」が入っています。教会に入るとき、手の先を聖水に浸して「十字架のしるし」をする習慣があります。これは、神から心を清めていただきたいという気持ちを表すためです。私たちは、「教会」のことを「聖堂」と呼ぶこともあります。正しく言えば、本当の「教会」は建物ではなく、キリストの教えを信じている人々の集まり(エクレシア)なのです。「エクレシア」を日本語に直すと、「教会」になります。

ミサに行ってどうしたらよいですか

 教会(聖堂)の入り口に案内する人がいますので、「はじめてです」 と言ってください。席にご案内いたします。 日曜日に読まれる聖書の箇所は、原則として、「旧約聖書」から一箇所と、「新約聖書」からイエスの「使徒たちの文書」と、「福音書」からのそれぞれ一箇所です。毎日曜日、どんな箇所が読まれるかは、全世界の教会のために決まっています。
 皆の便宜のため、その日の聖書朗読を印刷したものが準備されていますので、教会の入口で「聖書と典礼」というパンフレットをもらってください。ミサの祈りの順序が書いてある小冊子もあります。それを使えば、すぐになれるでしょう。
 歌われる聖歌は、教会に「典礼聖歌」や「カトリック聖歌集」などが備えてありますので、教えてもらってください。
 ミサには、式の途中でも、どなたでも入れます。席についたら、まわりの人と同じようにします。人がすわるとき自分もすわり、立つときは自分も立ちます。(すわったままでもかまいません)気楽にまわりにいる人に話かけ、教えてもらってください。
 ミサの途中、皆が立って祭壇に進み、「ご聖体」である白いパンをいただきます。この「ご聖体」は、復活した主キリストご自身です。「ご聖体」 はカトリックの洗礼を受けた人だけがいただけます。
 洗礼を受けてない方のために司祭に神の祝福を祈ってもらうことができます。お望みならば、列に並んで前に進み、頭を下げ、手を合わせたまま祝福をいただいてください(すわったままでもかまいません)。
 また、もしよろしければ、教会の神父様(司祭)に声をかけて、自己紹介をお願いします。神父さまは、自分のすべてを神と教会にささげているみなのお父さんですから、あなたをやさしく迎えてくださいます。
(参考文献:ドン・ボスコ社「はじめて教会へいらしたあなたに」)
 理解・信仰を深めるために、入門講座に随時出席できます 途中からでも参加できますのでお気軽にお越しください。費用は要りません。
 カトリックについて学びたい方は、司祭にご連絡ください。

電話:0270-25-0276 伊勢崎教会担当司祭 トマゼリ・ペドロ神父